センター試験間近!親が気をつけるべきこと|富山市で書道家が運営する書道教室・ヨガ教室なら書道・ヨガ教室Sunroom(サンルーム)へ。

  • 09075894734
  • WEB予約
営業時間
月~土曜 9:00~18:00
水曜のみ 9:00~19:10
定休日
日曜・祝日

ブログ

センター試験間近!親が気をつけるべきこと

その他 

こんにちは、陽苑です。

今日は全然違う話をw

私、前職は予備校講師をしておりました。

今は非常勤で予備校講師をしております。

浪人生相手の仕事で、授業だけではなく、担任業務も行っておりました。

センター試験が迫る季節には、私の方までドキドキしてきます。

不安のドキドキもありますが、期待のドキドキ感の方が大きいです。

大学受験に失敗し、ものすごく落ち込んだ後、浪人しようと決意し、この1年弱の間やりたいことも我慢をし勉強に打ち込んで頑張ったわけです。

その成果を出せる晴れ舞台のような、そんな期待感。

浪人生だけではなく、現役生だってそうですよね。

みんな同じ。

ここまで頑張ってきたんだから、もうあとは出し切るのみ。

とは言いつつ。

あと数日間、どのように過ごしたらいいの!?

本人も親も周りの応援する人たちも…

よく尋ねられる質問です。

ではお答えしましょう!

いつも通りでOK!

平常運転。


いつもの日常。


それでいいんです。


言っておきますが、今更何をしたって変わりませんし、奇跡もおきません。


奇跡が起こったとすれば、それは実力があっただけのことです。


例えば、張り切って「受験に勝つ!だからカツ丼だー!」とか言って、普段カツ丼をそんなに食べないのに、前日の夜の晩御飯にカツ丼を出した場合。


どうなるのか。


胃が荒れるだけですw


受験生はナイーブですから、ただでさえ胃腸がキリキリしてるのに、カツ丼なんて食べてしまったら…


翌日、腹痛と闘いながらのセンター試験本番になってしまうかも!?なのです(;∀;)


いつも通りのメニューか、胃腸に優しいものか…


そういったものを準備すべき!なのです。


 


いつもの模試のテンションでいればいいんです。


本人も周りの人たちも。


奇跡は起こらない。


模試の前に行うようないつも通りの勉強をして、


本番は、ただ自分に身についたものを出し切るのみなんです。


 


今まで努力してきた人は堂々としていればいい。


親は信じて待てばいい。


 


世の中の受験生の皆さん、健闘を祈る!


ページトップへ戻る